細菌

細菌は非常に小さい単細胞生物であり、いわゆる微生物に属します。

大きさは平均0.3から5.0マイクロメートル(ミクロン)であります。

細菌細胞には核を持っておらず細菌の遺伝物質(DNA)は、細胞内に裸の状態で存在します。

しかし、DNAを細胞質(細胞質)中で無秩序ではなく、細胞の細胞膜上の1つ以上の部位で固定されている。

原核生物とは対照的に、DNAは、保護された核内の植物、動物およびヒトの細胞である。

形態学:細菌は、違いがある場合形状及び構造 三つの基本的な形に分けることができます。

球菌:長期球菌は名前の由来はギリシャ語から来てボールやベリーを意味します。

球菌中の細菌を楕円形で直径は、一般的に0.001ミリメートルに対応し、約1.0ミクロンである。

球菌は単独、同様のペア(双球菌)、4(四分子)のグループ8のグループ(サルシナ)ブドウ様クラスター(ブドウ球菌、や連鎖球菌などに分類されます。

桿菌:桿菌は(球菌)ふっくらまたはスリム見え、本体の端部は、丸みを帯びたまたは尖った略矩形状のいずれかである。

らせん状の細菌:一部の細菌は、螺旋状に巻かれている。

光学顕微鏡下で部分的にターンが明確に見ることができる。

グラム染色:また、細菌は染色方法によって区別することができる。

細菌かどうかデンマークの研究者グラムにちなんで名付けらました。

グラム陽性又はのグラム陰性では細胞壁の構成に関する情報を提供します。

感染:細菌は、血液、糞便、尿及び他の身体の分泌物、空気、水、土壌、身体の物質を透過することができる。

芽胞:一部の細菌の種類(例えば、炭疽菌やボツリヌス菌は)それは、部分的にも何十年も不利な環境条件に耐えることができる非常に耐性の生命体で胞子を形成することができる。

液体窒素(約-200℃)中で例えば-強力な氷点下でも胞子が無限に続くことができる。

生活条件は、極端な環境条件での生存チャンスを高めるように、(胞子)細菌胞子のいくつかの種類を変換する。

胞子はほとんど代謝活性が見つからないときは、すべてが基本に休眠しており、また、細胞壁が強い。

このように、芽胞形成菌を通じて、例えば干ばつ、熱、化学品、放射線、などの環境条件では、胞子が再変換し、その後再び増殖することができます。

細菌の分類

細菌の分類は、重要な日常の医療行為についても予防の一部であり、適切な治療を病原体と戦うことを可能にする為に、病気の原因となる細菌がこのように分類することが、より簡単に識別できるのです。

細菌の様々な特徴

外観(形態)、その細菌の形状と構造。

その細菌の代謝プロセスなどの細菌の生理。

生化学的特性。

いわゆるグラム染色などの特定の染色方法の結果。

それらが持っている抗原。

類似した細菌の遺伝物質。

新しい科学的証拠に応じて、割り当て細菌は時々変更されることがあります。